街の修理店のデメリット

メーカー修理と比べ対応できるメニューが少ないお店がある

iphone修理を請け負っている街の修理店では、メーカー修理と比べて対応可能なメニューの種類が少ないところも多く、必ずしも希望の修理ができないというデメリットがあります。特に、発売されたばかりの新型のiphoneについては、街の修理店では難易度の高い修理をしてもらえない可能性が高いため、急いでいない人であれば、メーカーにサポートをお願いすると良いでしょう。最近では、iphone修理のベテランのスタッフのいる街の修理店のウェブサイトなどに、扱っている修理のメニューや料金表が掲載されることがあります。そこで、依頼先の選び方に悩んでいる場合には、早めに多くの地域住民から評価されている街の修理店の取り組みについて把握をしておきましょう。

修理後のサポートが手薄なところも多い

街の修理店では、最短で即日の修理をしてくれるところも珍しくありませんが、メーカー修理と比べて後々のサポートが手薄なところが目立ちます。そのため、様々な場面でiphoneを使用する機会が多い学生や社会人であれば、長期間にわたり基本的なアフターサポートを無料で対応してくれる修理店を選びましょう。また、アフターサポートの対象期間については、修理店の方針や修理のメニューによって大きな差があるため、契約前に担当者に詳しい説明を受けることが大切です。もしも、修理店ごとのアフターサポートの良し悪しについて詳しく知っておきたい時には、実際に専門のスタッフにメンテナンスやクリーニングなどをお願いした人の口コミを参考にしてみましょう。

iphone5sの修理を依頼するときは、代替え機や修理で必要なパーツが店にあるか確認しておくと安心です。店に直接行くよりも、事前に問い合わせをした方がスムーズに対応してもらえる可能性があります。